あいかわ公園 山野草図鑑

あいかわ公園で見られる様々な花たちを色ごとに紹介する図鑑です。(春132種 夏98種秋更新中)あいかわ公園で植物を見つけた際に花の色が分かれば、その色の図鑑を確認することで種類の特定ができます。スマートフォンなどで図鑑を見ながらお散歩することで、公園の自然をより楽しめます。花情報はどんどん追加していきますのでお楽しみに。

山野草図鑑 秋 赤色の花

9月以降に見られる赤色の花を紹介していきます。写真量が多いです。


アレチヌスビトハギ
マメ科外来種
f:id:aikawa_park:20200920091921j:plain
場所:ふれあい広場の奥など
時期:8月下旬~9月中旬
マメ科らしい大きな旗状の花びら一枚と、細く突き出た花びらからなります。荒れ地の名の通り乾燥した場所や林の縁などでよく見られ、花と種を多数つけます。突き出た花びらは虫などが乗るとめくれ、中から雄しべが顔を出します。他の花と異なり、めくれて出る関係から雄しべがまとまっています。

f:id:aikawa_park:20200920092445j:plainf:id:aikawa_park:20200920092605j:plain
左はくっついているおしべで、花びらがめくれた時に虫の腹側に花粉をまとめてつける戦略のため一カ所にまとまって付いています。花びらについている黄緑色の目玉模様は虫に蜜のありかを示す模様であり、虫に花粉を運んでもらうタイプの花ではこのような模様が見られます。右は種の写真でこのヌスビトハギの仲間は動物などの毛にくっついて移動するため、服などの繊維に張り付きます。引っ付き虫として遊べます。




ヌスビトハギ

マメ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20200920093301j:plain
場所:ふれあい広場の奥など
時期:9月上旬~
数mm程度の白と鮮やかなピンク色の花を穂のように多数つけ、ピンクの枝のように見えるとても綺麗な花です。小さいですがしっかりとマメ科の花の形をしています。つる性が多いマメ科ですがヌスビトハギは普通の草で、この穂のような部分がにょきにょきと伸び、長いものでは1mにも届きます。
名前の由来はその種にあります。
f:id:aikawa_park:20200920093646j:plain
アレチヌスビトハギが3~6個とランダムに付くのに対してヌスビトハギは2つ付きます。このタネの形が物を盗んだ泥棒が抜き足差し足と密やかに帰るときの足の形に見えることから名付けられました。同じく動物に張り付くため夜に盗みに入った人に張り付くという意味にもとらえられます。ちゃんと鞘もついていて豆です。



ヤブマメ
マメ科・在来・つる性)
f:id:aikawa_park:20200920095700j:plain
場所:ふれあい広場の奥など
時期:9月上旬~
フェンスや林の他の植物によく絡みついているマメ科の植物で、少し長さのあるマメ科の花をつけます。花は白色と淡い紫が目立ち、一カ所にまとめて付くというのを繰り返します。豆らしい豆をつけ、地下にもできる豆は食べることもできるそうですが、私は食べたことがありません。
つる性の野生豆は種類が多く、見比べてみないと分かりません。
f:id:aikawa_park:20200920100553j:plain
ヤブマメの場合は葉に丸みがあり、しわが多い点が挙げられます。3枚の葉はマメ科ではよく見られるので、枚数ではなく葉先がとがるかどうかやしわ、形に注目してみると見分けやすくなるでしょう。豆や花の色も種類によって違います。形が少し似ているトキリマメなどは花が黄色ですよ。



ネコハギ
マメ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20200920101251j:plain
場所:冒険広場上の道路、石小屋ダム
時期:9月上旬~
日当たりのよい場所などで見られるマメ科の仲間で、秋によく見られる萩の仲間は上を目指して伸びていくものが多いのですが、このネコハギは地面を這うという面白い特徴があります。葉も3枚の綺麗な円形からなり、草全体を通して白い毛が生えるなどの特徴から豆の仲間の中でも分かりやすい部類です。このような生え方からまるで緑の絨毯のように生えていることもあります。
f:id:aikawa_park:20200920101802j:plain
花は極小ですが花付きは良いようです。極小であってもしっかりとマメ科の基本的な形をしていることが分かります。これまでの種類を見てもお分かりの通り、野外でこのような2枚の花弁を持つ花を見つけたら豆の仲間です。花、豆、葉などを記録しておけば種類の特定は簡単ですよ。



キツネノマゴ
(キツネノマゴ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20200920094007j:plain
場所:ふれあい広場の奥など
時期:8月中旬~
舌をべろりと出したような姿が印象的な秋によく見られるピンク色の花を持ちます。キツネノマゴの仲間は種類が少なく、身近では2種類ほどしか見られません。大きな舌状の花びらは虫が乗るための足場でもあります。虫に花粉を運んでもらうお花なので花弁を見てみると白い模様が入っています。それが虫への蜜のありかを教える模様の役割を持っています。
f:id:aikawa_park:20200920095447j:plain
塔のように突き出た苞(ほう)が目立つ植物でもあります。苞やガクは難しい用語ですが、花びらを外側から支えるのがガク、花びらとガクを外側から支えるのが苞とイメージすると掴みやすいかと思われます。これから冬に向けて1つから2つの花をぽつぽつと咲かせ続けます。




メハジキ

(シソ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20200926104226j:plain
場所:石小屋ダム
時期:8月~9月下旬
石小屋ダム方面で見事に咲き乱れる紫の花がこのメハジキです。葉っぱがあちこちに弾けるように付いており、1m近くある草丈も相まってまるで紫色の壁のように立ちはだかります。これほどの群落はなかなか見られないため、8月頭辺りの時期に一度見てみることをお勧めします。シソ科植物のため花弁は上と下1枚ずつからなり、このような花はハチの仲間が花粉を運ぶのに大きな役割をはたしています。
f:id:aikawa_park:20200926104604j:plain
メハジキの花はこれぞシソ科の花と言う感じで、写真上部の花びらに点のように張り付いた花粉が付いています。花の蜜を吸おうと思ったクマバチなどの大型のハチが下の花びらに止まると花びらがその重さでびよーんと垂れて虫の背中に花粉をつけるという戦略です。二唇形(にしんけい)という形を覚えておけばシソの仲間は分かりやすいですよ。


カワミドリ
(シソ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20201011111604j:plain
場所:石小屋ダム
時期:9月~
石小屋ダムでメハジキとともにたくさん生えている明るい紫色の花はこちらのカワミドリです。シソ科の中でもかなり強い香りを持ち、ハーブティを飲んだことがある方であれば馴染みのある香りだと思います。花を見つけたら葉をちぎって香りを嗅いでみましょう。花と葉にもかなり特徴が見られます。

f:id:aikawa_park:20201011111850j:plainf:id:aikawa_park:20201011111924j:plain
花からはおしべが飛び出しています。めしべも同じく飛び出しており、その先端が3つに分かれています。花が終わっても残された部分が紫色をしており、花の時期にはしおれた花があっても紫色に見えます。葉の裏にはスポンジのようなぶつぶつがあります。これは腺点(せんてん)といい、香りの成分を蓄えている場所です。葉を破ったり、虫がかじったりするとここから香り成分が飛びます。香りの強い植物に見られます。



ヤマクルマバナ
(シソ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20201011112245j:plain
場所:石小屋ダム方面
時期:9月~
立ち上がる茎と、そこから白い小さな花を多数つけるシソ科の植物です。クルマバナの仲間は花の雰囲気だけを見ると似た姿の物が多く、見分けにくいです。特に類似のクルマバナとは花の色が白色ならヤマクルマバナと分かります。イヌトウバナと言う似た花もありますが葉に丸みがあるヤマクルマバナと先端に向けて細くなるイヌトウバナと見分けます。似た花が多く、種類を特定するのが難しい種類です。



ウリクサ
アゼナ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20201011113200j:plain
場所:ふれあい広場など
時期:8月~
地表付近で多数の小さな紫色の花を咲かせます。花の大きさは5mmほどで非常に小さいので、意識的に探さないと見つけられません。花をつける茎をグイっと伸ばして咲かせるため、注意を払いながら探してみればすぐに見つかります。アゼナの仲間は乾燥した場所というよりも湿地環境でよく見られる仲間なので馴染みがないかもしれません。ウリクサは同じ仲間のアゼナととても似ていますが、ウリクサの葉の端にはギザギザ状になっているため見分けられます。



ママコノシリヌグイ
タデ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20201011115207j:plain
場所:石小屋ダム
時期:8月~
湿った環境でよく見られる鋭いトゲを持った植物です。タデの仲間の花は紙風船を膨らませたかのように根元がくっついたまま袋のように広がります。(合弁花)勢いよく触れると刺さる位のトゲを持ち、茎に対して下向きについています。これを利用して他の植物にもたれかかり、倒れないようにしています。
同じようなタデの仲間ではトゲを持つものが見られるのですが、葉の形を見ることで種類を見分けられます。


イヌタデ
タデ科・在来種)
f:id:aikawa_park:20201011115739j:plain
場所:花の斜面
時期:6月~
湿った環境や畑のような場所で見られるタデの仲間です。エノコログサ(ねこじゃらし)のように穂のような姿になり、先ほどのママコノシリヌグイのように紙風船状の花を咲かせます。イヌタデと同じ形をした花は非常に多く、外来種を含めて判断が難しいのでイヌタデ(仮定)ですが、見るべきポイントは草丈、花の色、そして茎を包み込む部分です(葉鞘(ようしょう))
f:id:aikawa_park:20201011120129j:plain
イヌタデはこの茎を包み込んでいる部分の先端を見てみると細長いひも状のものが飛び出ています。花が赤紫色で草丈が50cm程度、付け根の部分がひも状に飛び出ていればイヌタデの可能性が高いです。 逆に言えば背丈が1m近くなっていたり、白色と赤紫色が見られたりしたらそれは外来種タデ科の仲間の可能性が高いです。